初森ベマーズ第2話 内容(あらすじ)

第2球 伝説の監督

駅前のスナックのマスターが昔監督をやっていたって言うから会ってみたらって第1話で母に言われだが、実際に会いに行ってみた。
店の名前がDEAD BOLLだった。

訪ねて行った店のマスターではなくオカマバーのママカマタ(鎌田)だった。

初森ベマーズスナックのママ
卵をぶつけて見事割らずにキャッチして元野球をかじっていたことを確信して監督として誘うがことごとく断られていたが…

昔はソフトボール部の監督だったが、教え子役 渡辺みり愛 に怪我をさせて、それ以来ソフトボールから離れている。

もんじゃ焼きの店「はつもり」で監督の面接をするが良い監督は来ない。
イマドキが現役の監督連れて来たぞ~って来たのが井筒監督だった。

ななまるがマルキューにメールするが、ショップから野球少年を見て弟の事を思い出す。

セント田園調布ポラリス学園

キレイとシェリーがエステを受けているが高級そうな事をしているが、両足にダンベルを付けて筋トレをしていた。

初森公園で1人寂しくブランコに乗っているママの隣にななまるが座って昔話をし始め、ななまるの父は初森公園で失踪したこと話しながら口説き落として監督として向かい入れる。

ひたすら基礎トレーニングをさせられイマドキがぶちぎれて「ボールに触らせろ」って

だったら着いてきなさいって

行ったのは何とボーリング場だった。

そこで西野ななまるのお父さんの話がでる。

最低スコアー300、最高スコアー900って伝説の超人プロボーラー西野タツヒコだって。

両隣のレーンまでピンが飛んでゆき全て倒すという離れわざだ。

マルキューも思い出してバッティングセンターで打ち込んでいた。

キレイは財閥のお嬢さんだけあって食事も豪華だったがカメラを引いたが何か意味があるもだと思いましたが良く見ると椅子がないではありませんか。

いよいよグランドで練習となるがコテの家が製鞄工場をしているのでユニフォームを作ってきた。

昔の映画で「がんばれベアーズ」ってあったでベアーズにしたって

だけどベマーズになってるよってショパン

あれってお願いしたメモを見るがアとマが書き方で間違っていた。

大体がんばれベアーズから取ったことやアとマと間違えたって事は私の予想通りだった。

今の若い人は知らないんじゃないの~

初森ベマーズ第3話 内容(あらすじ)第3球 紙ヒコーキとホームラン

初森ベマーズ第4話 内容(あらすじ)第4球 球の旋律を聴け

初森ベマーズ第5話 内容(あらすじ)第5球 決戦の、幕が上がる

初森ベマーズ第6話 内容(あらすじ)第6球 恋のデッドボール

初森ベマーズ第7話 内容(あらすじ)第7球 キレイお嬢様の憂鬱

初森ベマーズ第8話 内容(あらすじ)第8球 封印された幻の変化球

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク