初森ベマーズ第5話 内容(あらすじ)

第5球 決戦の、幕が上がる

ショパンの旋律打法で勝つことが出来た初森ベマーズ。

必ず最終回の7回で勝っている。

番組最初からその日の主役が決まっていてこの前がショパン、その前がマルキュー、で今回がアカデミーだ。

演劇でアカデミーが演じるマクベスは見事な演技でみんなから絶賛される。

そこに演劇部後輩としてユーバリ役の寺田蘭世カンヌ役の鈴木絢音が登場している。

初森第二演劇部

演劇ではマクベスもなりきってはいたが、いざソフトボールの練習となると緊張が走る。

打てないと負けるって言われただけでプレッシャーがかかって余計に打てなかった。

もんじゃ焼きはつもりでもんじゃを食べながら集まってミーティングらしきものをしている。

アカデミーは極度の上がり症でソフトボールとなると人の字を手のひらに書いて呑みこむほど緊張していた。

今までアカデミーのバッターボックスでのシーンがなくてわからなかったがバットにボールが当ったのが0回だった。

「どうも注目を浴びていると思うと顔が真っ赤になっちゃって」アカデミー

そこへオカマ監督が現れ「あんたがたのんびりしてられないわよ」

「次の対戦相手が決まったわよ」って

ベルサイユ音楽学校

気品あふれる歌劇専門の学校で入試競争率が30倍らしい。

ソフトボール部の練習風景がネットに出てました。って浪人弁護士

ベルサイユ音楽学校

オカマ監督が言うには全国から注目を浴びるチームよ

オーラがあってあんたがた圧倒されてゲームセットネ

次の試合トップバッターのアカデミー「あんたがへっぴり腰見せたら一気になめられるわよ」って

マルキューが「こいつ根性ないな」ってな顔でアカデミーを見ていた。

アカデミーがソフトボールの練習に向かうが、ロッカールームでイマドキがあいつ2日連続で練習休んでたるんでんじゃないのか?

ななまるが演劇の練習と重なっててただこれないだけだよって

それはショパンもコテも一緒だろ、カアチャンを見てみろ子供の世話をしながらソフトボールの練習してんだぞってイマドキ

マルキューは良いんじゃない。

やる気がないのに甘えられても困るしって

この際やめてもらったら…

それを入口で聞いていたアカデミーが走って行く。

それをななまるが先頭に追いかける。

結局はメンバー全員追っかけてきた感じになるけど「私の気持ちはマルキューにはわからないよ」って言ってその場を逃げるように走り出す。

ななまるがアカデミーを説得

アカデミーがやめるって公園のブランコで話すが、アカデミーの話はわかったけど、やめる前にチョッと付き合ってってななまる

するとマルキューが練習している所に見に来た。

ななまるが「私ちょっと意外だった。マルキューは天才かと思っていたから」

「みんな一緒だよ」「始まりから出来る人なんていないよ」ってあたりまえの事を言う。

高校対抗女子ソフトボール大会3回戦

初森第二(三塁側)-  ベルサイユ音楽学校(一塁側)

アカデミーが遅れてくるが「マルキューごめん」ってマルキューが帽子をかぶされ遅いって

いよいよ試合が開始された。

アカデミーが先頭バッターだが、この魂のボール受けて見よってボールがバラになる。

アカデミーは幻覚を見て空振りの三振

ショパンは旋律打法で「ファの#」って打ち返していた。

打たれ弱いのか落ち込んでいると応援団のおばさん達がすごい。

BGMも流し突然ピッチャーも歌い出すし変だ「さすがベルサイユだ」

マルキューが打ったホームランボールもアクロバット的な事でキャッチされてしまった。

今のところ1対2で1点差で負けていた。

何故かもう最終回7回裏になっていて1塁にはハーバードがいて逆転できるようになっている。

そして最後のバッターがアカデミーだ。

緊張のあまり昔の上がり症の自分を思い出して硬くなっていた。

そこでオカマ監督がタイムをかけアカデミーにアドバイスを送る。

「この世は舞台、人はみな役者」

ななまるが鏡を使ってスポットライトって

ショパンが大うちわで仰いで砂ぼこりがスモークになってコテが相手チームの応援団のおばちゃんの所に行ってBGMもマクベスの曲になっていた。

マクベス

そしてマクベスになりきり片手打法でホームランを打って逆転した。

初森ベマーズ第6話 内容(あらすじ)第6球 恋のデッドボール

初森ベマーズ第7話 内容(あらすじ)第7球 キレイお嬢様の憂鬱

初森ベマーズ第8話 内容(あらすじ)第8球 封印された幻の変化球

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク