トルネードロッシーニとは肉と魚の中間で新素材

2015年新成人になったのは7人だが4人が恵比寿にあるフレンチレストランで大人グルメを体験!

1人3000円で4人で12000円とし、オーバーした金額は自払です。

今回お邪魔するレストランは、ビストロ・ル・プュイドールで恵比寿の食通もうながすほどです。

今回こちらにお邪魔した4人は若月佑美、中田花奈、西野七瀬、能條愛美で中田花奈と能條愛美はやばい

フレンチ大人グルメ

こちらのメニューは日本語とフランス語が組み合わさって書かれているので、意味を理解しながらオーダーしないといけません。

とりあえず飲み物をオーダー

若月が能條に聞くが能條はウソつきででたらめな事ばかり

乾杯するとか注文のタイミングとかわからず最悪

中田花奈がトルネードロッシーニを注文した時に店員さんと目があってニヤっとされたらしい。

中田花奈が注文したトルネードロッシーニとは?

トルネードロッシーニ

ロッシーニは肉と魚の中間の新素材で光合成もするし、植物プランクトンもあるし動物性プランクトンも持っている中間地点見たいのが出てくると予想!

大きく切って大口でほおばるのはNGで能條またアウト!

なんだかんだ予想している間にトルネートルネード能條愛未ドロッシーニが出来あがった。

高級食材のオンパレードだった。

中田

上からトリュフ、フォアグラ、牛肉のステーキでトルネードロッシーニとは作曲家ロッシーニの為に作られた料理でトルネードとは牛肉の部位の名前らしい。

能條はまた中田のトルネードロッシーニをその場で切ってほおばっていたがこれもNG!

自払

このメンバー特に能條にはまだまだ速かったみたいだ・・・

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です